健康に生きるためのコツ

看護師

予防が大切

癌が外科手術や抗癌剤投与で治療しやすくなったからといって、癌になったとしても大丈夫、というわけではありません。
医療の世界では未病を防ぐ、病気の前段階で阻止するという考え方もあり、医療を利用する立場にある人も普段の生活に気をつけながら生活しなければいけません。
たとえば女性がかかることが多い乳癌を予防したいなら、大豆イソフラボンを摂取したりポリフェノールを摂ったりすると良いといわれています。

自分でできないこともある

乳癌を早期発見すれば治療しやすいので自分で触診することも大切ですが、浸潤癌だと転移しやすくて発見が難しいです。乳腺が多い人はしこりがどんなものなのかも分からないことがあります。
自分でできることには限界がありますので、かかりつけ医に相談しましょう。池袋クリニックは癌治療で有名ですので頼ってみるのも良いかもしれません。その他かかりつけ医としては内科の医師を頼るのも良いです。城東区に住んでいる人なら、通いやすいように城東区近辺を探すようにしましょう。

身体の不調を見逃さない

乳癌を発症すると、急激に体力がおち、疲労感に苛まれることがあるといいます。そのため、体調の変化は見逃さないようにしましょう。
かかりつけ医を作ることや医師を選ぶことにはそういった意味があります。セカンド・オピニオンを聞く権利は誰にでもありますので、じっくり選ぶと良いです。

良い病院を選ぶための質疑応答集

待ちたくないので空いている病院に行きたい

とても空いている病院は受診しやすいので良いですが、やはり腕の良い医師がいたり最新機器で治療してくれたりするところは受診する人も多いです。病院を選ぶときには混んでいるかどうかで選ばないようにすることが大事です。

どんな医師が良い医師なのでしょうか

患者の顔や身体の状態をチェックすることはもちろんのこと、生活習慣などもしっかり聞き取る医師が良い医師だといえるでしょう。看護師の対応や施設の雰囲気から医師にコミュニケーション能力があるかが分かることもあります。

小さくて診察科が少ない病院はどうなの?

診察科が少ないからといって、その病院が信頼できないというわけではありません。規模によって複数医師がいる場合は、診察科が多くなる場合がありますし、医師が少ない場合は集中して治療を行なうために科が少なくなることもあります。

広告募集中